鎌ベイアンプ購入

画像

■外出用小型アンプを探す■
最近、塩ビ管スピーカーを聞かせてほしいという依頼されることが多くなってきました。関西近郊であればジュピターでもヴィーナスでも車に積み込んで気軽に出かけることが可能ですし、山小屋に来て聞いていただくことも可能です。しかしそれが東京方面ということになると少々やっかいです。車で行くのは大変なので、新幹線ということになります。ただ鉄道を利用する場合、大きな問題があります。
何せこれらのスピーカー、旅行かばんに入りません。海外旅行用のスーツケースにさえ入りません。2泊用程度のコロコロ付きかばんで持ち運びできるくらいの大きさのスピーカーが欲しくなってきました。
また先日コニさんの8センチスピーカー櫓(やぐら)を預かり聴いているのですが、それが素晴らしい音がします。これまで聴いた8センチスピーカーの中で最高の音がします。これに刺激されて私も音の良い小型塩ビ管スピーカーを作りたくなってきました。
これらのことが相まって小型スピーカーを無性に作りたくなり、現在その準備を進めています。
さて問題はアンプです。現在所有している1bitアンプは「SD-NX20」が2台、「SD-AT1000」が1台、「SD-VH9」が1台です。これらはそこそこ大きく、スピーカーと一緒にかばんに入れて持ち運ぶのは困難です。シャープの1bitアンプで小型のものを探してみたのですが、これが無いんですよね。困りました。

画像

■鎌ベイアンプに決定■
そこで世の中にある小型アンプで弁当箱サイズ以下のものを捜してみました。これらはデスクトップアンプとも呼ばれているようですね。候補に上がったのは、エゴシステムズのDr.AMP、Sonic Impact社のGEN2 T-AMP(新タイプ)、同じくSonic Impact社の5066 PORTABLE T-AMP(旧タイプ)、RSDA302U、RSDA202、ケンウッドのKA-S10、鎌ベイアンプなどです。
この中で何となく鎌ベイアンプを試してみたくなりました。価格が6500円程度(送料込み)と一番安い点も見逃せません。なにせ私はE級(エコノミークラス)オーディオ愛好者ですので・・・。(*^。^*)
早速アマゾンで購入に至ったのでございます。

画像

■なかなか いいじゃないの■
鎌ベイアンプが到着し、中身を確認したところ、おー! なかなか高品質感があります。前面パネルも天面もぺらぺらの鉄板じゃないし、これは音も期待できそう。
音楽ソースはもちろんiPod!(その理由はここ)。そしてスピーカーはコニさんの櫓(やぐら)です。
これまで聴き慣れた楽曲を次々試聴していったのであります。

画像

最初は比較的小音量で聴いてみました。ふむ、なかなかいい音です。とても6000円台のアンプから出ている音とは思えません。低音は質ではSD-NX20にやや劣るものの分量は充分に出ています。分解能もそこそこあります。
これはいい買い物をしたな、という気分になりました。

画像

■惜しい! あと一歩基準に及ばず■
さて徐々に音量を上げていき、実在感のある、つまりそこで歌い手が歌っているような雰囲気を味わってみることにしました。(私はこれを「等身大音量」と呼んでいます)
最初のうちは、分解能がありクリアな音だな、低音もなかなか迫力あるな、と思って聴いていたのですが、1時間ほど聴いているうちに「あれっ??、何かおかしい。いつもと違うぞ・・・。何か高音がきついような、ざらついているような・・・。」と感じ始めました。あと続けて3曲ほど聴いているとだんだん聴き疲れするようになってきたのです。つまり長く聴いていられない音なのです。一番分かりやすかったのはオムニバスアルバム「PURE」に入っている白鳥英美子の「Your Song」です。小音量のときには気付かなかった高音域のきつさ、荒さが耳に付くのです。
念のためアンプを鎌ベイアンプからシャープのSD-NX20に換えて聴いてみました。こちらはきれいな高音です。澄み切ってつややかな声を見事に再現しています。いくら聴いても聴き疲れしません。やはり鎌ベイアンプのせいだったんです。
鎌ベイアンプ君、惜しい! あともう一歩で私の外出用アンプに採用されていたのに・・・。(T_T)/~~~
ただ、鎌ベイアンプを弁護するならば、パソコン横のデスクトップスピーカーを小音量で聞く分には充分な品質だと思います。アンプとしてのレベルは高いと思います。私が望み過ぎているのかも知れません。
さて、これから最適な小型アンプを探す旅に出かけるとしましょう・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

mogu
2008年06月12日 09:17
ご無沙汰しています。オフ会のときはお世話になりました。僕もこの鎌ベイアンプを使っているんですが、ネットの情報で付属のACアダプターをノートパソコン用などのスイッチング電源に変えると音が少しよくなったように思います。一度試されてはいかがでしょう。話は変わりますが、僕もコニさんの櫓に刺激されてマルタのユニットをSA/F80AMGに交換して鉛を全面張りしたりしてるんですが、なかなか櫓のような艶のある音になりません。
地蔵
2008年06月12日 22:49
moguさん
情報ありがとうございます。
ただ、既に鎌ベイアンプを手放してしまいました。
次のアンプを入手し試聴しておりますが、これはいいです。かなり気に入っています。
後日またブログで紹介させていただきます。
小型スピーカーもほぼ完成し、音出しをしていますが、なかなか難しいですね。
櫓のレベルには届いていないかもしれません。
チューニングして完成度を高めていきたいと思っています。
お互い頑張りましょう!
コニ
2008年06月12日 23:20
なかなか興味有るアプローチですね。
小生も小型化、持ち運び可能な大きさ、で立派な音、
を目指しています。
プレイヤーはiPodで決まり、あとは電池駆動デジタルアンプと、小型スピーカー。

地蔵さん
どんな組合せになるか楽しみです、期待しています。
地蔵
2008年06月12日 23:36
コニさん
小型デジタルアンプを探し求める旅が続きそうです。
このきっかけの一つがコニさんの櫓です。
お互いに刺激しあうのはいい事ですね。
オーディオライフの楽しみがまた増えました。
ゆかぴょん
2008年06月13日 07:18
外出用小型アンプを開発中とのこと。
これって、もしかして「私に聞かせるの為」の開発じゃないですか?
だって、「東京」とか「新幹線」とかおっしゃってるし。
照れなくてもいいですよ~。
楽しみにしてますね。
多分、今の段階で、私レベルの耳は十分ごまかせると思いますけど。
オホホ
地蔵
2008年06月13日 22:34
ゆかぴょんさん
なるほど、そう来ますか・・・(ー_ー)!!。
でも是非聴いていただきたい人の一人です。
スピーカーとも完成したら、お知らせします。
その時にはよろしく!
コロコロバッグを引っ張って新幹線に乗り込みます。

この記事へのトラックバック