SONIC IMPACT GEN2 T-AMP 購入

画像

■小型軽量アンプを探し求めて・・・■
気軽に持ち出せる小型軽量で質の良いアンプがほしいと思い、探し続けています。世間ではこのような小型軽量のアンプを「デスクトップアンプ」などと呼ぶようです。
先日のブログではサイズ社の「鎌ベイアンプ」をご紹介しましたが、今一歩 私の基準には達しませんでした。
さっそく次を試してみることにしました。候補としてはDr.AMP、Sonic Impact社のGEN2 T-AMP(新タイプ)、同じくSonic Impact社の5066 PORTABLE T-AMP(旧タイプ)、RSDA302U、RSDA202、ケンウッドのKA-S10などがあげられます。
ネットで調べ、比較的評判の良いSONIC IMPACT社の「GEN2 T-AMP」を購入することにしました。このアンプの心臓部であるアンプチップはTripath(トライパス)社のTA2024というデジタルアンプチップ(IC)です。

画像

このチップは「Dr.AMP」にも使われています。これも評判の良いアンプです。(ひょっとして他にも知らないところで超有名メーカーのデジタルアンプに使われていたりして・・・)
今回購入したT-AMPは2chステレオで4オーム15W×2という性能です。同社のシリーズにTA2020がありますが、これなどは「RSDA202」やカマデンのアンプキットに使われていて、こちらもネット上では音が良いことで有名です。
これらTripath社のデジタルアンプはClass-Tと呼ばれています。というかTripath社が勝手のそう呼んでいます。Class-T(T-Class)とはTripath社が開発した独自方式のデジタルアンプでΔΣ変調に似た方式を取り入れたアンプと説明されています。説明文はこちらこちら
シャープの1bitアンプと同じ方式なのか違う方式なのかはよく分かりません。
しかし塩ビ管スピーカー仲間であるモーレアさんは、Class-TアンプはPWM方式のデジタルアンプであり、シャープの1bitアンプとは同じではないとおっしゃっていました。(ちなみにシャープの1bitアンプはPDM方式です)
このTripath社、昨年(2007年)倒産したようです。従ってこのチップの供給も止まっているものと思われ、これを使っているGEN2 T-AMPも現在はSonic Impact社が生産を終了しているようです。同社のホームページからもT-AMPの商品紹介が削除されています。また輸入販売店も取り扱いを中断しています。そういうことなので私はヤフオクで新品未使用品を落札しました。
そして数日後、T-AMPが我が家にやってまいりました。

画像


■すばらしい!■
さて「GEN2 T-AMP」が我が家に到着し、梱包を解いて本体を取り出しました。「えーーー!!?? 小っちゃー! 軽っーー! 安っぽー!」というのが第一印象です。鎌ベイアンプに比べて外観や端子は極めて安っぽいです。本当にこれでまともな音が鳴るのか?? 頭の中を不安がよぎります。
ではさっそく試聴です。おなじみiPodをつなげて音出しを開始しました。
まず鎌ベイアンプで不満点が確認できた白鳥英美子さんの「Your Song」を等身大音量で聴きました。等身大音量とは私が勝手に作った言葉で、ボーカルを聴くときに歌い手が眼の前で歌っているくらいの音量のことです。私はこの状態でまともな音が出ないと満足できません。

画像

結果はどうかというと「すばらしい!」の一言です。お見事! こんなチャチな筐体からよくぞこんなに澄み切った、それでいて濃密で迫力のある音が出るものだと感心しました。TA2024の性能が良いのか、Sonic Impact社の設計が良いのか、その両方か。
低域の分量も充分に出ていますし分解能もそこそこあります。中域の張り出しは少し控えめですが、分解能は充分であり、それでいて音に艶(つや)があって、ぬくもりと柔らかさがあります。例えるなら上質な絹を手のひらでなでた時のような感触です。ぎすぎすした感じがありません。これみよがしの分離と粒立ちを主張するタイプでもありません。とにかく優しいのです。

画像

高域も中域の特性とほぼ同じであり嫌味がありません。フラットな高音とでもいうのでしょうか、そんな感じです。鎌ベイアンプで感じた高域のきつさや粗さがありません。
これらの特徴によりボーカルが艶やかに聴こえます。眼の前で白鳥英美子さんやダイアナクラールが優しく歌ってくれているような実在感のある音を再現してくれます。

画像


画像


それとこれまで聴こえなかった微弱な音が聴こえます。あれ?こんなところにこんな音が入っていたかな?ということがありました。
総合的に見てSonic Impact社の「GEN2 T-AMP」は極めて優れたデジタルアンプであると思います。ブラインドで比較試聴すれば20万円程度のアナログアンプには勝てるのではないかとさえ思います。個人的には鎌ベイアンプよりもこちらの方が断然好みです。

■シャープの1bitアンプと比較して■
では「GEN2 T-AMP」は我が家のリファレンスアンプであるシャープの「SD-NX20」と比較してどうかということですが、同じスピーカーを使い同じiPodの楽曲を使って比較試聴しました。この両機は音の傾向は似ており性能は肉迫しています。SD-NX20とほとんど遜色ないレベルです。これなら自信を持って外に持ち出せます。

画像

ただ少し違いがあるとすればSD-NX20の方が全体に音の重心が低く、どっしりとした感じです。中域はSD-NX20がやや張り出しが強く元気ですが、T-AMPの方はやや控えめで優しい感じです。女性ボーカルの聴こえ方やニュアンスが微妙に違ってきます。私の好みはどちらかといえばSD-NX20ですが、これは優劣というよりも特徴の違いといった方が良いかもしれません。
出力の面ではSD-NX20が25W×2、T-AMPが15W×2なので大きな違いがありますが、6畳の自室で等身大音量で聴く分には何の不足もありません。ただ山小屋へ持っていったときにどうなるか、つまり限界に近い大音量でクラシックを鳴らしたときにどのような違いが出るかは実際にやってみないと分かりません。近いうちに試してみようと思います。

■ひさびさに感動した曲■
話は少し変わりますが、今回の試聴で使った曲で前述のもの以外の曲を紹介しておきます。
Gloria Estefan(グロリア・エステファン)の「Hold Me Thrill Me Kiss Me」というアルバムの「Don't Let the Sun Catch You Crying」という曲です。

画像

これは先日の関西オフ会でkitanoさんが試聴に使っておられた曲で、私は一聴して好きになってしまいました。その後すぐに購入し、繰り返し聴いています。そのメロディーライン、声質、ギターの音色、ベースの雰囲気、歌詞の内容など私の心の糸に触れるものがあります。聴いていてジーンときます。他の曲は大したことはないのですが、この曲だけのためにアルバムを買う価値があると思います。

■それでも旅は続く■
さてさて、これで私のデスクトップアンプ探索の旅は終わるのでしょうか?
実は「GEN2 T-AMP」のことを調べているうちに、デジタルアンプについて様々な情報を得ることができました。あと2~3種類は試してみたいと思っています。
おいおいレポートします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

モーレア
2008年06月17日 22:12
tripathのICは本当にいいですね。アンプはサイズや重さではないことがよくわかります。

ここ(下のリンク)はキットですが、まだtripathのICを使ったものを販売しているようです。我が家の自作アンプの一つは、Amp3を使った物です。本当に小さいですが、いい音を出してくれます。
http://www.41hz.com/

こんなICメーカーにはもっとがんばって欲しかったですね。
ゆかぴょん
2008年06月17日 22:12
機械の説明のところを読むときは脳死状態になってしまいます。
が、そこまで地蔵さんが絶賛するのでしたら、グロリア・エステファン、聞いてみようかなという気になりました。
本もそうですが、音楽も、自分ひとりで選択しているとどうも偏るんですよね。
地蔵
2008年06月17日 22:34
モーレアさん
ほんとにそうですね。
Tripathには頑張ってほしかったですね。
今日もT-AMPをじっくり聞いていますが、いい音してます。
Jacintha(ジャシンタ)を聴きながらうつらうつらしてしまいました。それほどナチュラルでスムーズです。
このアンプ、大切にしなくては。
地蔵
2008年06月17日 22:44
ゆかぴょんさん
この曲はほんとにいいです。今日も聴いてしまいました。歌詞の一節だけ書きます↓
Don't let the sun catch you cryin'
The night's the time for all your tears
Your heart may be broken tonight
But tomorrow in the morning light
Don't let the sun catch you cryin'
The night-time shadows disappear
And with them go all your tears
For the morning will bring joy
For every girl and boy
So don't let the sun catch you cryin'
We know that cryin's not a bad thing
But stop your cryin' when the birds sing
ね、いいでしょう?
モーレア
2008年06月17日 22:50
41Hzのサイトをみたら、そろそろチップの供給が危なくなってきているようです。

こんないいchipを供給しているメーカーが倒産して、訳のわからない似非製品を作っているところが繁盛するなんて、なんだか変ですね。

それでも時代はデジタルアンプです。これからも、いろんな製品が出てくるのを期待したいと思います。

#RSDA302Pもいいですよ。今度GEN2 T-AMPと比較試聴しましょう。
地蔵
2008年06月17日 22:58
モーレアさん
>#RSDA302Pもいいですよ。
>今度GEN2 T-AMPと比較試聴しましょう。
→ぜひそうしましょう!今から楽しみです。
コニ
2008年06月18日 00:45
地蔵さん
tripath社が倒産しても心配ないようですよ。
もっと凄いAMP基板が出ています。
National Semi Conductor のLM3886TFを使用したAMP基板が有りますが、これを搭載した完成アンプを聴いてきました。
50W×50Wの小さなAMPでしたが、これは凄い、の一言です。
ただしこれはアナログAMPです。
横浜ベイサイドネットで聴けます。
AMPの自作が出来る方にと取っては面白い存在と思います。
地蔵
2008年06月18日 22:56
コニさん
LM3886TFを調べてみました。すごく良さそうですね。欲しい指数が急上昇です。
でも電源が高くつきそうですね。
モーレア
2008年06月22日 19:16
LM3886TFはアナログですね。欲しいけどデジタルで行くという方針と食い違ってしまう。。。。でも一度、聴いてみたいです。
エリック
2008年07月04日 22:06
地蔵さん・モーレアさん そのうちにお聞かせしますよ!LM3886T基板は組み立て済みです。後は電源とケースのみ。
もっと良いデジタルアンプICがあります。TDA8920BJというICです。なんといってもデジタルアンプの最大の欠点を解消するZero dead time switchingというのが再考です。こちらは基板待ちの状態です。
地蔵
2008年07月05日 00:24
エリックさんへ
おー!そうですか。そのICよさそうですね。
でもその前に別のキットを買ってしまいました。
デジットのDAMP-3120です。
まず、これを完成させてから、次を考えます。
エリック
2008年07月06日 22:42
地蔵さん 今晩は、いよいよデジタルアンプの自作に手を染めましたか? DAMP-3120は兎に角小さいのが良いですね。今度はアンプやUSBオーディオのオフ会がいりそうです。
でくの
2009年03月03日 11:28
初めまして、でくのと申します。
モーレアさんとはmixiで何度かお話ししたことがあります。
うちのは、5066ですけど?
そんなにいい感じなんでしょうか?
5066も気に入っていますが、違いがあるのかな?
それにしても、トライパス倒産なんですか??
ショックですねえ、、、。
今のうちにヤフオクに転がってるのでもう少しゲットしときます。
今後とも、よろしくお願いいたします。
地蔵
2009年03月03日 22:50
でくのさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
5066を持っていらっしゃるのですか。
基本的にはどちらもTA2024なのでGen2と同じ傾向だと思います。
でくのさんは電池駆動なのですね。
すごい!
台湾の真実
2010年09月22日 21:26
大変為になりました。
長い事アンプやスピーカーの組み立てとはご無沙汰していたので、楽しく読まして頂きました。
有難うございました。

この記事へのトラックバック

  • sonic impact classT デジタルアンプ 見参!!

    Excerpt: さて^^; いよいよ念願のデジタルアンプを手に入れました! やあやあやあw SONIC IMPACTのPORTABLE T-AMPと言う商品です、はい^^; サンディエゴに本社があ.. Weblog: でくのぼうぷれす racked: 2009-03-03 11:30