オーディオ専用(iTunes専用)ノートPCにこだわった理由

画像

■なぜiPod母艦PCをノートPCにしたのか■
先日のブログでも書きましたように、iPodはとてつもないポテンシャルを持ったオーディオ機器です。iPodを良い音で鳴らすためのポイントは「無圧縮でPCにインポートすること」「通常のCDプレーヤーでは不可能なデータの修復を行い、CDに収められたデータとの一致性を高めるためエラー訂正を実行しつつインポートすること。」です。こうやって音楽データをPCに蓄積していきます。(このためのPCを以下「母艦PC」と呼びます)

画像


私はiPodピュアオーディオ化実行の際に、CDプレーヤーのエラー補正がいかにいいかげんかを知ってしまったので、CDプレーヤーを使用して直接音楽を聞く気が全くしなくなってしまいました。ほとんど母艦PCに曲をインポートしてからiPodを介して聴くようになりました。
このような使い方なら母艦PCは普段使っている図体のでかいデスクトップPC(自作PC)で充分です。
私は最初はこれでよいと思っていました。
でも次の3つの理由から私はノートPCをオーディオ専用機(iTune専用)として構築することにしたのです。

画像


まず第一番目の理由です。オーディオを趣味とする者として、常用のデスクトップPCを母艦とするのは何かしっくりこない違和感のある状態なのです。普段使っているデスクトップPCには種々雑多なデータが入っています。そこには私の日常生活が詰まっています。私はオーディオ機器はオーディオ機器として独立していてほしいのです。この気持ち分かっていただけますでしょうか。お金の無駄使いなのは分かっています。でもこの気持ちを抑えることはできません。

第二番目の理由はデスクトップPCはファンノイズがうるさく、オーディオ機器として見た場合、感覚的に許せません。自作PCですからファンレスに変更することも可能ですが、そんなややこしいことをするなら専用ノートPC環境を整えたほうがましです。

第三番目の理由はいざというときに持ち運びが容易である点です。

このような理由から先日のブログで紹介したように2万円程度で比較的手ごろな中古ノートPC(Dell Latitude D500)を探し、自分でちょっとカスタマイズして、iTunes専用(=オーディオ専用)ノートPCを構築しました。

画像


■オーディオを日常生活から独立させることができた■
ほんとうに専用ノートPCを作って良かったなと思っております。というのは、私にとってオーディオとは「音楽を美しく聴く」という行為を意味します。これには感性や美意識、芸術性など様々な右脳的要素がかなり盛り込まれています。このような私にとって特別な存在を日々の猥雑な日常と切り離し、完全に独立できたという点が大きかったと思います。
すごくすっきりした気分になりました。

ところでつくづく思うのは、オーディオ用の高価なCDプレーヤーはもう必要ないなということです。CDに記録されたデジタルデータをPCにインポートするためのPC内蔵CDドライブだけで充分です。
今回構築したオーディオ専用ノートPC(D500改)には私の所有するCDのほとんどが無圧縮デジタルデータとして貯蔵されています。
あとはこのデジタルデータをいかに良質なアナログ信号に変換できるか、つまりDACの善し悪しが勝負になります。
このDAC比較については今後ブログで取り上げるつもりです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

ゆかぴょん
2008年07月09日 21:48
PC=母艦 の解説にぽかんとしています。
失礼…。
ちなみに、私の自宅PCはノート型(dynabook)で、外付けHDがついています。
このHDの目的はYouTube動画(漫才、お笑い、落語)です。
地蔵
2008年07月09日 21:55
ゆかぴょんさん
さすが日ごろから「お笑い」の修行をされているだけあって、母艦:ぽかんには、参りました。
大阪人の私ですが、ついつい「ぷっ」とふきだしてしまいました。不覚!
モーレア
2008年07月11日 09:11
ノートPCはリッピング&データ保存用で、再生はiPodということでしょうか? もちろん次のステップとしてPCからの直接再生も考えておられるのでしょう。

音楽環境を他の環境と分けたいというのは良くわかります。ノートパソコンと小型アンプで良質なオーディオシステムを組みたいです。問題はHDDの容量。圧縮なしなら、やっぱり1TBくらい欲しいですね。
コニ
2008年07月11日 21:59
モーレアさんご指摘の通りHDDの容量が次の課題でしょうね。
小生は音楽のジャンル毎に300GB程度のポータブルHDDを幾つか用意し、ノートPCに繋げAirMacExpressでオーディオに繋げる準備をしています。
ノートPCと言えども負荷が掛かればファンが廻ります。
ノイズも有るかもしれません、すこしコストは掛かりますが安心かな?
地蔵
2008年07月11日 23:06
モーレアさん、コニさん
>もちろん次のステップとしてPCからの
>直接再生も考えておられるのでしょう。
そのとおりで、ノートPC→DAC-AM→1bitアンプ→スピーカーとつなげるつもりです。(現在は実際につなげています)
その音の変化などを次のブログで紹介する予定です。

モーレアさんやコニさんのおっしゃるとおり、HDDの容量が問題ですね。現在の内蔵HDDは120Gですが、すぐ一杯になると思います。
そのときは外付けのHDDをつなげるつもりです。
モーレア
2008年07月12日 09:40
ノートPC→DAC-AMの部分ですが、DAC-AMへのディジタル入力はどうされているのでしょう?
地蔵
2008年07月12日 22:51
モーレアさん
私のノートPCには光出力が付いていません。
そこでDAC-AMへのデジタル出力はカノープスのDA-Port2000という機器を使っています。かなり以前の製品です。
PCからUSB接続してこの機器で光に変換して、光デジタル出力ができます。これをDAC-AMにつなげます。44.1KHzと48KHzの両方に対応しています。
モーレア
2008年07月13日 16:16
光デジタルのついているノートパソコンは少ないですね。東芝と一部の富士通くらい。
光デジタル付きノート+小型デジタルアンプ+スピーカーが私の理想とする「グッドイナーフオーディオ」でしょうか。
なーお
2008年07月19日 01:03
こんばんは。
PCオーディオ応援派(?)の私も、同感です。 できればノートPCでやりたいと思いつつ、まだまだデスクトプで行ってます。 一応、静音PCですが。

ところでデータのバックアップは、(実際にはデータそのものがバックアップになるので、バックアップの複製?というべきか) どうしてますか?
地蔵
2008年07月19日 23:17
なーおさん
お久しぶりです!
>ところでデータのバックアップは、・・・
>どうしてますか?
大部分はCDを購入(新品もしくは中古)しているので、もしHDDがクラッシュすればまた一からCDを入れ直そうと思っています。
余裕が出てくれば大容量の外付けHDDにコピーしようと思います。
なーおさんの新作(スピーカー)期待してます!

この記事へのトラックバック

  • DAC-AMとiPodの比較試聴。DAC対決!

    Excerpt: ■DAC-AMを活用する■ さて、先日のブログでiTunes専用ノートPC(Dell D500改)を構築したことを書きました。 このD500をiPodの母艦だけに利用を限定せず、オーディオ機器.. Weblog: 地蔵の気まぐれブログ racked: 2008-07-27 21:47