オーディオビジュアルは素晴らしい「WOWOWドリカムWINTER FANTASIA 2008」を見て

画像

■「ピュアオーディオ」と「オーディオビジュアル」■
 ピュアオーディオとオーディオビジュアルを比べた場合、純粋な音の面ではピュアオーディオのほうが繊細なニュアンスを聞き分けることができる。神経を音だけに集中させ、微妙なものを聞き取ろうと努力するからだと思う。
 これがオーディオビジュアルになると目からの情報量が圧倒的に多いため、音のニュアンスを聞き分けることがかなり難しくなる。はっきり言って微妙な音の違いなどどうでもよくなるのである。
 この両者は同じオーディオという単語が使われているが、趣味としては目指す方向性がまったく違うと思う。私は両方とも好きだがそのように感じる。
画像

 今回私はドリカムのコンサート「WINTER FANTASIA 2008(さいたまスーパーアリーナ)」をWOWOWからハイビジョン映像で録画し視聴したが、このときビジュアルの重要性を強烈に感じたのである。
 仮にこのコンサートがCDで発売されたとしたら、オーディオ愛好家はオーディオ装置だけでこのコンサートを体験することになる。そして音だけを楽しむ。それはそれでいいのだが、今回私はオーディオビジュアルを趣味としていて本当に良かったと思っている。ビジュアルがあるからこそ感動が何倍にもなるという体験をしたからだ。
画像


■ビジュアルの圧倒的な力、感動を呼び起こす力■
 吉田美和は泣いていた。アンコール曲「LOVE LOVE LOVE」を歌い出す前から曲の半ばまで瞳を潤ませ頬には涙が一筋つたっていた。彼女はそれを時々手で拭いながら歌い続けた。私はふと少し前のニュースを思い出した。このコンサートの1年ほど前、彼女の最愛の夫が亡くなった。彼女は彼が亡くなる前、ずっと看病を続け、亡くなった後コンサートは開かれなかったらしい。今回のコンサートは実に1年2カ月ぶりに行われたのだという。
画像

 この曲の歌詞を紹介しよう。
―――――――――――――――――――――――
  ねぇ どうして すごくすごく好きなこと
  ただ 伝えたいだけなのに うまく 言えないんだろう
  LOVE LOVE LOVE LOVE LOVE LOVE

  ねぇ せめて 夢で会いたいと願う
  夜に限って いちども 出てきてはくれないね
  LOVE LOVE LOVE LOVE LOVE LOVE

  ねぇ どうして すごく愛してる人に
  愛してると言うだけで 涙が出ちゃうんだろう

  ふたり出会った日が 少しずつ思い出になっても
  愛してる 愛してる
  ねぇ どうして
  涙が 出ちゃうんだろう…
  涙が 出ちゃうんだろう…

  LOVE LOVE 愛を叫ぼう 愛を呼ぼう

―――――――――――――――――――――――
 なぜ彼女が泣きながらこの曲を歌ったのか理解できた。
最愛の人を失った悲しみ、そしてそれを乗り越え、皆の力で約1年2ヶ月ぶりに開くことのできたこのコンサート、会場に来てくれたファンへの感謝、歌えることの喜び、これらいろいろな思いが胸に押し寄せ自然に涙が出たのだろう。おそらく、会場のファンもほとんどが彼女と一緒に泣いていたのではないかと思う。そんな空気が画面に表出していた。
 映像を見ている私も目頭が熱くなるのを抑えることができなかった。
画像

 ベースの中村正人はその吉田美和をいつもの柔和な表情で温かく見守っていた。
 ドラムスもキーボードもコーラスもギタリストもバックダンサーも全てのスタッフと観客が一体となっていた。
画像

 なんて素晴らしいコンサートなのだろう。こんなコンサートは今まで見たことがなかった。
 彼女は涙を流していたが、その歌声には少しの乱れもなかった。すごい歌手である。(後でネットで知ったことだが、コンサート冒頭の1曲目は泣いてしまって歌えず、もう一度最初から歌い直したそうだ。その様子は残念ながら番組ではカットされていた。)
画像

 この番組を音だけで聞いた場合、彼女が涙を流していたことは全く分からない。普通に歌っているとしか聞こえないだろう。そして中村正人の優しい表情やバンドメンバーのひたむきさや会場の雰囲気は伝わらない。つまり音は聞けてもコンサートの感動は伝わらない。ビジュアルと伴にあるから音に意味があり、感動を呼び起こすのだ。
 私は今回かけがえのない体験をしてしまった。
画像

 オーディオはオーディオとして素晴らしい。この趣味は今後も続けていこうと思う。ただオーディオビジュアルは私の魂を揺さぶることができる。この趣味もけっしてやめることはないだろう。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

moorea
2009年04月29日 22:29
遅ればせながらこのブログを見て刺激を受け、我が家も4chにしました。残念ながらモニターはパソコン用の20chワイドです。

何かいい音楽DVDは無いかとレンタルショップを見てみたのですが、音楽DVDはほとんどないですね。音楽をテーマにした映画か、アクションを借りてみようと考えています。
地蔵
2009年04月29日 23:34
モーレアさん
コメントありがとうございます。
4chはいかがですか?なかなか臨場感が出ましたでしょう?
音楽DVDですとエリッククラプトンの「アンプラグド」などはいかがでしょうか?
音楽映画では「アマデウス」がいいと思います。
ぜひ山小屋へいらして下さい。そしてぜひホームシアターで大画面コンサートを見てください!
かなりハマると思いますよ。
モーレア
2009年05月03日 21:18
自作の即席5.1chで、借りてきた「アマデウス」を見ました。十二分にモーツァルトの音楽を楽しむことができてよかったです。家内からは「音が大きすぎる」とクレームがつきましたが。。。

ついでに「アンプラグド」も借りています。クラプトンも好きですよ。
地蔵
2009年05月04日 17:42
モーレアさん
アマデウスよかったでしょう?
アンプラグドの「tears in heaven」は、しっとりしていて大変好きな曲です。一度聴いてみてください。
モーレアさんとは音楽の好みが似ていると思っています。