現有システム(7)★アンプ編★

■SD-AT1000購入。素晴らしい音に満足■ シャープの1bitデジタルAVアンプのAT1000やAT1などの機種は旧型ですのでヤフオクでときどき安価に出品されているようです。 しばらくウォッチングしてからSD-AT1000の未使用品に入札し、ゲットしました。 商品到着後、さっそくアンプにCDPをアナログ接続し、自作スピーカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現有システム(6)★アンプ編★

■完全置き換えが難しい理由■ あーあ、それにしてもソニーのアンプを買った頃つまり10年前の12万円(買値)はきつかったよなあ、無理して買ったもんなあ・・・なんて思いながら、ソニーをいつ手放そうかという思いが頭をよぎるのでした。 ただ、ソニーからシャープに乗り換えるのに一つ大きな問題がありました。ソニーはAVアンプですので入出力端子が…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

現有システム(5)★アンプ編★

■とりあえず SHARP 1bitコンポSDK900(SD-CX9同等品)を購入■ ネット上で探し回って見つけたのが、シャープの一世代前の1ビットコンポ「SD-CX9」と同等品で家電量販店のコジマにOEM供給している「SDK900」という機種です。これを在庫限りの新品価格19800円で購入しました。 私が欲しいのはこのミニコンポ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

現有システム(4)★アンプ編★

■シャープの1ビット デジタルアンプを知る■ その後は、どのデジタルアンプにしようか悩みは尽きずネット上を徘徊しました。 私にはアンプの自作は到底無理です。ではどれを購入するか? ほとんどパナソニックの「SA-XR55」に決めかけていたとき、シャープの1ビットデジタルアンプを見つけたのです。 その理論を熟読したところ、これは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現有システム(3)★アンプ編★

■デジタルアンプとの出会い■ 私はオーディオの世界からしばらく遠ざかっていたこともあり、デジタルアンプの存在自体を知らなくて、最初は「それは一体何ですか?」という程度でした。ところが集まれ塩ビ管スピーカーの管理人さんがパナソニックのSA-XR55というデジタルアンプを持っていらっしゃって、それが実に良い音がしたものですから、ネットでい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

現有システム(2)★アンプ編★

■現有アンプはSHARP SD-AT1000■ まずはアンプからです。 現在使用中のアンプはシャープのSD-AT1000です。 これはシャープの1bitΔΣ方式のデジタルAVアンプです。 この方式についての詳しい説明はシャープのページをご覧下さい。http://www.sharp.co.jp/1bit/amp/index.h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現有システム(1)★はじめに★

■B級ならぬE級オーディオやってます■ これまでの文章を読んでいただけましたでしょうか? できればこの現行システムの文章を読まれる前に「私のオーディオ歴」と「私のオーディオ感」をお読みいただければ幸いです。 このページから読まれると、「えっ!? この人、少しおかしいんじゃない?」と思われかねないからです。 以前の文章を読まれた方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私のオーディオ感(番外編)

前回のブログで、「私のオーディオ感はこれにて終了」と書いたのですが、番外編として少し記事を追加します。 下記の文章は、集まれ塩ビ管スピーカー(ブログの方)のコメント欄に私が書いたものです。私のオーディオ感の一端を表していると思いましたので抜粋して掲載します。 ■大阪ハイエンドオーディオショウに行ってきました。 一日かけてじっく…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

私のオーディオ感

■より良い音をより安く!■ オーディオは私の生活を精神面で豊かにしてくれています。 人はそれぞれ自分の理想の音を持っていると思います。 これはその人が生まれてから今までの体験や音に関する感性の違いが大きく影響しているのではないかと考えます。 同じオーディオ愛好家の中でも大きくわけて2つのタイプがあると思います。「音楽が好きという…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

私のオーディオ歴(4)

■スピーカー壊れる■ ところで、スピーカーの変遷の話が途中で止まってしまいました。ONKYOのD77まで説明しましたよね。 D77を10年も使い続けるとコーンのエッジ部分がぼろぼろになってきました。大阪弁で言うと「そんなアホな!」というくらいのぼろぼろ状態です。設計段階でそれくらい予想しろよ!と怒りに震えるくらいぼろぼろです。 …
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

私のオーディオ歴(3)

■社会人、デジタルに触れる■ 就職をしても学生時代のオーディオセットをしばらく使用しておりました。その後、PCMプロセッサーなるものが発売されました。サンスイのPC-X11だったと思います。これは一般の映像用VCRを使ってこれまた一般のビデオカセットの映像トラックにPCM化された音声信号を書き込むための機器です。私はこれを買い足し、L…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

私のオーディオ歴(2)

■中学生、スピーカーを自作する■ 中学生の時に初めてスピーカーを自作しました。 ユニットは確かフォスターの10センチフルレンジでFE103だったと思います。(現在はフォステクスという名前ですが、その頃はたしかフォスターだったと思います。) 自作といっても木製の学習用机の、上から二番目の引き出しをはずし、そこにベニヤ板をはめ込ん…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

私のオーディオ歴(1)

■小学生、友達の別荘の高級オーディオに驚く!■ 思い起こせば小学生の頃、家族で近くの山にハイキングに行く道すがら乾電池式の携帯ラジオを耳に押し当てながら聞いていました。 その頃ロイジェームスが歌謡曲のベストテン番組をやっていたような記憶があります。 ちゃちな携帯ラジオでもいい音に聞こえたものです。 また同じく小学生の頃、裕福…
トラックバック:1
コメント:17

続きを読むread more