テーマ:オーディオ

緊急告知 NHK文化センター塩ビ管スピーカー制作教室の募集開始

■NHKカルチャー(大阪教室)で塩ビ管スピーカー制作教室開催!(現在受講生募集中) ついにこの時がやってきました! suisyuさんを講師として、また関西塩ビ管スピーカーのメンバーが協力する形でNHK文化教室で塩ビ管スピーカーの制作講座を開催することになりました。 募集期間は2010年5月21日からで、開催は2010年7/…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

文化教室用 塩ビ管スピーカー制作「ブラックダイヤモンド」「ホワイトムーン」

文化教室用の作品がやっと2セット完成しましたのでご紹介します。 ■1セット目「ブラックダイヤモンド」 まずは「ブラックダイヤモンド」です。 ユニットはHiViのB3Nです。あるサイトでは非常に評判の良いユニットです。 文化教室向けということもあって価格が比較的安く、物量も確保できる普及品を選択しました。 ユ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「シンプル・きのこ」「シンプル・ボッシュマン」塩ビ管スピーカー制作

■シンプル・きのこ制作 前回の「シンプル・ワン」は2009年春の関西オフ会に出品し、皆様から好意的なご評価をいただき、大変うれしかったです。 さて近日開催される秋の関西オフ会に向けて、どうしようかと思案した挙句、ユニットを変更することにしました。 理由はズバリ「オリジナル新作」を作る余裕がなかったからです。 というか正直言っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

塩ビ管スピーカーを使用したホームシアター視聴会を実施しました

■塩ビ管スピーカー使用のホームシアター視聴会実施 8月2日(日)に山小屋にてホームシアター視聴会を開催しました。 集まっていただいたのは、集まれ塩ビ管スピーカーの関西オフ会のメンバーの皆さんで、suisyuさん、モーレアさん、ナカモトさん、ayameさん、めがねさんの5名です。 8畳一間の狭い部屋なので、満杯になってしまい、皆…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

シンプル1(ワン) 塩ビ管スピーカー製作

■原点回帰のシンプルな塩ビ管スピーカーを製作■ 先日、集まれ塩ビ管スピーカーの関西オフ会用に製作したものですが、自分のブログに載せるのが遅れてしまいました。 名前は「シンプル1(シンプル ワン)」といいます。 様々なスピーカーを作ってきましたが、今回は「原点回帰」してみようと思い8センチフルレンジ1発で製作しました。 ユニッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2009年春「集まれ塩ビ管スピーカー」関西オフ会開催

■今回も盛り上がりました! 2009年5月17日、奈良の喫茶&イベントスペース「花猫」さんで関西オフ会が開催されました。 新しいメンバーが2名参加されたのと共に、一般の見学者も多数来ていただき、大変盛り上がりました。 なんと浜松から車を飛ばして見学に来られた方までいらっしゃいました。 スペースを貸していただいた「花猫」さん、あり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

オーディオビジュアルは素晴らしい「WOWOWドリカムWINTER FANTASIA 2008」を見て

■「ピュアオーディオ」と「オーディオビジュアル」■  ピュアオーディオとオーディオビジュアルを比べた場合、純粋な音の面ではピュアオーディオのほうが繊細なニュアンスを聞き分けることができる。神経を音だけに集中させ、微妙なものを聞き取ろうと努力するからだと思う。  これがオーディオビジュアルになると目からの情報量が圧倒的に多いため、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ホームシアター移設

■ここ数年はオーディオに集中■  「集まれ塩ビ管スピーカー」に参加するようになって以来、ここ数年はV(ビジュアル)は横へ置いて、A(オーディオ)一筋に打ち込んできた。  ここの素晴らしいメンバーと出会うことができ、オーディオの奥深さを知ることができた。追及すればするほどその深淵に魅せられ、吸い込まれ、飽きることはなかった。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ジャズの木」の製作(一体型ステレオ塩ビ管スピーカー)

■それは家人の一言から始まった ちょっと遊びで作ってみました。 元は以前製作したジラフ、タイタンの部品です。これにベガのヘッドを組み合わせました。 塩ビ管スピーカーを長く作り続けていると、どうしても在庫が溜まってきます。知人に譲ったり、部屋の片隅に置いたりしています。 たまたまタイタンの胴体部分が邪魔になったので、一方を天地…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

USB DAC「AUDIOTRAK PRODIGY CUBE」購入

■PCオーディオシステムの悩み■ 先日の関西オフ会では私のPCオーディオシステムを持参し皆さんに聞いていただきました。 このシステムは当ブログで紹介してきたもので、①DELLのノートパソコンD500改の中にiTuneで無圧縮のAIFF形式で保存した音楽データを用い、②PCからUSBを使ってDAPORT2000にデジタルデータを送…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

「ギャラクシー」塩ビ管スピーカー制作

■ギャラクシー(Galaxy、天の川、銀河)制作 これまでのブログを連続で読んでいただいている方なら「やっぱりね、そうくると思った。」という反応が出そうです。 「ベガ(おりひめ)」と「アルタイル(ひこぼし)」の間に横たわるのは、そうです「ギャラクシー(天の川)」です。これで三部作の完成です。 BM-BOSCHMANNの「B-4…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

アルタイル(彦星)塩ビ管スピーカー制作

■塩ビ管の醍醐味、胴体組み替えでアルタイルを制作 アルタイルとはAltair、牽牛星、彦星(ひこぼし)ともいい、わし座のα星です。 前回の小型スピーカー「ベガ」の兄貴分ということで名付けました。 さて「ベガ」はサイズの割に低音は出ていましたが、あくまでも「サイズの割に」というエクスキューズ付きでした。 そこでベガの低音を増強…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ベガ制作(10cmユニット、小型塩ビ管スピーカー)

■小型塩ビ管スピーカー ベガ制作 以前のブログで紹介しましたように、コニさんの「櫓(やぐら)」に刺激を受け、持ち運びができる小型スピーカーを作ろうと試行錯誤を続けてきました。 ようやく完成したのがこの「ベガ(VEGA)」です。 ベガとはこと座のα星のことで、おりひめ星(織女星)とも呼ばれています。 ユニットはBM-BOSCH…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

雑貨、フリースペース&カフェ「花猫」さんにヴィーナス設置

■雑貨、フリースペース&カフェ「花猫(はなねこ)」さんにヴィーナスを置いていただきました■ 本日、suisyuさんと一緒に近鉄 学園前(奈良市)近くの雑貨、フリースペース&カフェ「花猫」さんにヴィーナス1号を設置してきました。suisyuさんにご紹介いただいたのが縁で、店長さんのご好意によりしばらくの間、置かせていただくことになり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

DAC-AM改造。オペアンプ交換

■DAC-AMの音を良くしたい■ 先日のブログでiPod内蔵DACとDAC-AMの比較試聴を行い、個性の違いは出たものの優劣がつかなかったと書きました。 これはiPodの実力が非常に高いことを示しており、うれしい反面、くやしさも同時に感じることとなりました。 なぜならDAC-AMは単体DACであり、それなりに物量を投入していま…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

DAC-AMとiPodの比較試聴。DAC対決!

■DAC-AMを活用する■ さて、先日のブログでiTunes専用ノートPC(Dell D500改)を構築したことを書きました。 このD500をiPodの母艦だけに利用を限定せず、オーディオ機器としてもっと活用できないものか・・・。 じっくり考えてみると、私にはDAC-AMというお気に入りのDACがあります。これを眠らせておくの…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

オーディオ専用(iTunes専用)ノートPCにこだわった理由

■なぜiPod母艦PCをノートPCにしたのか■ 先日のブログでも書きましたように、iPodはとてつもないポテンシャルを持ったオーディオ機器です。iPodを良い音で鳴らすためのポイントは「無圧縮でPCにインポートすること」「通常のCDプレーヤーでは不可能なデータの修復を行い、CDに収められたデータとの一致性を高めるためエラー訂正を実…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

SONIC IMPACT GEN2 T-AMP 購入

■小型軽量アンプを探し求めて・・・■ 気軽に持ち出せる小型軽量で質の良いアンプがほしいと思い、探し続けています。世間ではこのような小型軽量のアンプを「デスクトップアンプ」などと呼ぶようです。 先日のブログではサイズ社の「鎌ベイアンプ」をご紹介しましたが、今一歩 私の基準には達しませんでした。 さっそく次を試してみることにしまし…
トラックバック:1
コメント:15

続きを読むread more

鎌ベイアンプ購入

■外出用小型アンプを探す■ 最近、塩ビ管スピーカーを聞かせてほしいという依頼されることが多くなってきました。関西近郊であればジュピターでもヴィーナスでも車に積み込んで気軽に出かけることが可能ですし、山小屋に来て聞いていただくことも可能です。しかしそれが東京方面ということになると少々やっかいです。車で行くのは大変なので、新幹線という…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

自作塩ビ管スピーカー ヴィーナス1652X完成(ヴィーナス3号)

■ユニットに1652Xを使用する■ 前回のブログの続きです。 部屋の片隅にうっちゃっていたBM-BOSCHMANN(ボッシュマン)の16センチコアキシャルスピーカーPR-1652Xを捜し出して、半ばやけくそでヘッド部分に取り付けてみました。またこれに付いていたコアキシャルのツイータの音が気に入らなかったので、接続しているケーブル…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ヴィーナス改良 悪戦苦闘の巻

■自作派の宿命 それは自作をやめられないこと■ これまでブログで書いてきましたようにヴィーナスを製作して一応の区切りがついたと思っていました。 普通、高価なスピーカーを購入した場合、そうそう買い替えることは困難ですし、それをじっくりエージングしながら聴き込んでいこうとしますよね。 ところが自作をやっていると、この心境になかなか…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

iPodでピュアオーディオに迫る!

■コニさんからiPodの音がすばらしいとの情報を得る■ 先日、「集まれ塩ビ管スピーカー」仲間のコニさんから一通のメールが届きました。 内容は次のような趣旨のものでした。「iTunesで無圧縮でかつエラー訂正を実施してCDを取り込み、iPodのイヤホン端子からオーディオ機器に接続すれば高音質で素晴らしい音が出ます。並みのCDプレー…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

ヴィーナス2号 17センチバージョン(塩ビ管スピーカー自作)

■17cmユニットで2号機を製作■ 昨年11月に友人のK氏が一度ビーナスを聴かせてほしいということで、山小屋に訪ねてこられました。一通り聴いてもらったところ、たいそう気に入っていただき、ぜひ作ってほしいということになりました。 全く同じユニット(BM BOSCHMANN AL-160SE 口径16センチ)では面白みがないので、同…
トラックバック:2
コメント:9

続きを読むread more

B&W Signature Diamondを聴く

■B&W Signature Diamondを聴く 去る2007年11月10日に開催されたオーディオセッション in OSAKA2007に集まれ塩ビ管スピーカーの関西のメンバーと一緒に行ってきました。 私にとってのお目当ては、B&Wの40周年記念限定モデル Signature Diamondの試聴です。 マランツのブースで…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

塩ビ管スピーカー「ヴィーナス」自作

■ヴィーナス誕生■ 新しい塩ビ管スピーカーを制作しました。集まれ塩ビ管スピーカーにも投稿していますのでそちらもご覧ください。 名前は「ヴィーナス(Venus)」としました。これまでタイタン、ジュピターときましたので、この勢いで名付けてしまいました。 金星の英訳でもありますし、美の象徴としての意味合いもあります。外観と塗装も何と…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

ついにSACD(DV-600AV)購入

■SACDが欲しい!■ 以前のブログで「集まれ塩ビ管スピーカー」仲間のコニさん宅を訪問した話を書きました。 その時以来、SACDが欲しくて欲しくてたまらなくなっていました。やはり実際にSACDの音を聴いてしまうと、もうCDの音では満足できなくなってしまいます。ネット上でも多くの方が「もうCDには戻れない」とか「オーディオ感が変わ…
トラックバック:1
コメント:25

続きを読むread more

1bit シャープSD-NX20購入

■オーディオにはきりがない■ 前ブログでも書きましたように機嫌良く改良ジュピターとお気に入りCDを聴いていたのですが、人間、欲求は尽きないもので、より良い音で聴きたいと思ってしまうのですね。 シャープの1bit AVアンプSD-AT1000の不満点がだんだん増幅されてくるのです。最大の不満点は、冷却用FAN音です。以前にも書きま…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

最近のお気に入りCD

■最近のお気に入りCD■ 自作塩ビ管スピーカー「ジュピター」の改良が終わり、機嫌よく音楽三昧の日々をしばらく楽しんでおりました。 この間一番よく聴いたアルバムはミニオフ会でエリックさんに教えていただいた「ERIN BOHEME」のアルバム「what love is」です。 これはなかなかいいです。収録曲のほとんどが好きです。ど…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

自作塩ビ管スピーカー「ジュビター」改良

■塩ビ管スピーカー「ジュビター」改良■ 先日の集まれ塩ビ管スピーカー DBH(ダブルバスレフホーン)ミニオフ会で、エリックさんに周波数測定をしていただいた結果、わが「ジュピター」は40Hz以下が出ていないことが判明しました。下のグラフがその時の測定結果です。見事に出ていませんね。特性がフラットなだけに惜しいです。 先日のブロ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

コニさん宅訪問。daruma3、SACDを聴く。

■コニさんのSACDに聞き惚れる■ 今日、集まれ塩ビ管スピーカー仲間のコニさんのお宅へお邪魔してきました。 すばらしい環境の中の住宅で、お住まいにもコニさんらしいオシャレな雰囲気が感じられました。 実はどうしてもコニさんのスピーカーdaruma3の音を聞いてみたかったのと、SACDの音を聞いてみたかったのです。それで強引に押し…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more